トウカの洋楽語り部屋

ビートルズにハマったのをきっかけに、UKロックに熱いトウカが色んなバンドやアルバムについて好き勝手語ります。

Live At The Hollywood Bowl 感想 3

第3回目になるこの記事もおそらく今回で終わりです。

前回父親とオリジナルレコードの話を出したと思うのですが、

全力であの話が勘違いだったことが本人と話したことで分かりました。

 

私「ハリウッドボウルのレコード、昔買ったんだよね?」

父「買ってないよ」

私「え?」

父「え??」

 

マジかよ……。

昨日かいた話、全部俺の妄想かよ……。

 

気を取り直して、後半戦行きましょう。

今回はB面とボーナストラックの10曲です。このライヴ、かなりセトリいいですよね。映画を意識しつつ、人気曲もちりばめられている、そんな感じです。

いいなぁ…私もこのライヴ行きたかったなぁ…。

  

8 Boys

何がどうしたのか、とんでもない盛り上がりを見せてます。

このアルバムいちの大歓声。

「Ringo!」とポールが紹介をかけた後から、割れんばかりの悲鳴がすごいっす。

リンゴってあまり歌いませんけど、普通に歌うまいですよね。

あとポールのコーラスが絶好調な気もします。

 

9 A Hard Day’s Night

初めのG7sus4(でしたっけ?)のコードのガツンと来る感じ好きです。

ジョージのギターソロ上手いですよね。

歌い終わった後に、ジョンとポールがお互いほめあうのかわいいです。

 

10 Help!

これを聞くと、ヨーカドーと鑑定団どちらかを思い出す人がいると思います。私はヨーカドーです。

ジョン観客の歓声に耐えられなくなったのか途中で笑っちゃってます。

歌いだしが柔らかな感じで、これはこれでという感じ。

 

11 All My Loving

この曲、すごく好きです。

ビビッとくる曲って誰にでもあると思うのですが、私はこれです。

特にライヴのバージョン、超好きです。2番でポールが上を、ジョージが下を歌って出来上がるハーモニー、めちゃくちゃ好きです。

 

12 She Loves You

前期ビートルズの代名詞といえばこれじゃないでしょうか!

私も一緒に「YEAH~YEAH~YEAH~」って叫びたかったです。家で叫びましたけど。

 

13 Long Tall Sally

I'm downがまだ出てないんだなーと思う曲。

ライヴの最後のこのキーの曲を歌うってなかなかすごいですよね。ポール喉強いな~とか思いながら聞いています。迫力がとにかくすごい。そして、一番最後の曲ということもあってか一体感があります。

観客の声がフェードアウトしていくところも、ライヴアルバムっぽくていいですね。

 

14 You Can’t Do That

ライヴはさっきで終わった? 何のことだい?

お・ま・た・せ!!

みんな大好きボーナストラックの時間だよ。

ジョンのボーカル曲の力強さがいい感じです。

しかーし、ポールとジョージのコーラスが最初入っていない……。この曲、3人で頑張っている感じが好きなのでちょみっと残念です。

これジョージは12弦で弾いてるんですかね?

 

15 I Want To Hold Your Hand 

なんかいたって普通な感じ? 可もなく不可もなく、安定しているんでしょうね。

 

16 Everybody’s Trying To Be My Baby

ふふっ、声裏返ってるよ、ジョージ。

 

17 Baby’s In Black

ワルツっていつもジョンが言いながら紹介してますよね、これ。

ポールのコーラスがちょっと低い気がします。間奏でポールが楽しそうにワルツを踊る日本公演を思い出します。

 

と、いった感じでゆるゆる感想を述べてみました。 

全体の感想としますと

めちゃくちゃパワフル! キャーキャーしとる!

つか、よくここまで音を分離できたな! すげえよ!

というところでしょうか。

ヘッドホンで聞くと、やっぱりリズム組の二人がとてもいい感じに聞こえます。

ライブ通して、ポールご機嫌だなっていうのも伝わってきます。

 

やっぱりこのCDを聞くと、ライヴの映像を見たくなってしまいますね。

そして、今、ライヴの映像を見られるところといえば、

映画館のEDAWですね。

みなさん、このCDの特別優待券を持って、劇場に急ぎましょう。

映画館に行けば行くほど、このクソ青いジャケットに慣れる気がします。

 

タワレコでこのジャケットのTシャツが売っているのを見つけてしまいました。

「ちょっと、買ってもいいかも……」

なんて思い始めてしまっている私はもうだめです。

 

さて、3回に渡った割にほぼ一日で書き上げてしまいましたLive At The Hollywood Bowl の次の記事、流れに乗ってEDAWの映画の話題でもいいのですが、

そろそろこの真っ青ジャケットから解放されたいので、

別のバンドの話題にします。

 

ビートルズの映画から遅れること約一か月。

ギタリスト兼ボーカルをつとめるとある兄貴の名前にちなんでいる日に、日本でも映画が公開される

オエィシス

について書きたいと思います。

 

Touka

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

Live At The Hollywood Bowl 感想 2

さて、前回はアルバムジャケットが青いことについて

これでもかと文句言いまくってしまったので、

さっさと曲紹介を始めます。

 

このLive At The Hollywood Bowl ですが、知っての通り、1977年にリリースされていたもののリマスター版です。

レコードのアルバム名はザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!」

いかにも日本人が好きそうな邦題だと思います。

しかも宣伝文句がビートルズ唯一の公式ライヴアルバム」

もう売れるにおいがプンプンします。

うぃき先生にきいたところ、オリコン1位だったそうです。今回のリマスターもオリコン3位だったみたいなので、日本人のビートルズ好きがうかがえますね。

 

余談ですが、私の父がビートルズで初めてか二番目かに買ったレコードが、

これだったという話を聞いたことがあります。

ビートルズのライヴ聞けるLPとか神かよ、って思って買った」

らしいです。

ドキドキしながらレコードを買って帰り、ジャケットを眺めていた。

その時父は知らなかったのです。

ビートルズのライブがどういったものだったか。

父は、どんなに素晴らしい演奏が録音されているのか期待を持ってレコードをかけ始め、初めて知ることになるのです。

 

10代の女性の肺活量のすごさを。

 

これが初めてかその次くらいのアルバムで、

よくビートルズ嫌いにならなかったな、14歳くらいの父よ……

 

何はともあれ、このLive At The Hollywood Bowl は

ビートルズのライヴ、や、やべぇな……」

ってなるにはもってこいのアルバムだと思います。

Live at the BBCもライヴと名前が付いたアルバムですが、あれはラジオ放送のものなので、実際に彼らが死ぬ気で行っていたツアーライブとは少し異なります。

そう、ビートルズのライヴを語るのには欠かせないものがあります。

ファンたちの狂気の悲鳴です。

これを体験するためにこのCDがあるといっても過言ではないんじゃないでしょうか。

 

では一曲ずつ感想、書いていきたいと思います。

(こういうのやるの初めてなので、ドキドキしてます)

 

1 Twist & Shout

ビートルズのライヴといえば、やっぱこの曲はやらなきゃですよね。聞きながら体揺れまくってました。ショートバージョンですが、始まりには最高の一曲かと。


2 She’s A Woman

楽しそうなポール。上手いなー。

 

3 Dizzy Miss Lizzy

曲が始まる前の悲鳴でイヤホンをとりたくなりました。嘘です嘘です。

Help!でYesterdayの後にこれが来て、ジョンだって負けてねーよ!みたいな雰囲気であのアルバムが終わるのが好きなので、3曲目というのが少し新鮮です。

 

4 Ticket To Ride

曲の前のMCでイヤホンをとろうかと(ry

この曲はいつ聞いても安定感があっていいですよね。

ジョンとポールのツインだからさらに悲鳴が上がっていたのでしょうか。

女の子は正直ですから。

 

5 Can’t Buy Me Love

ライヴのときのポールの溜めた歌い方、結構好きです。ギターソロがレコーディングと違って、います? よね? 多分

 

6 Things We Said Today

これ、AHDNの中のポール曲で結構好きな曲なんです。ハモるのジョンとジョージどっちがやってんのかなーと思って注意深く聞いてみましたが、Lの発音がジョージだったと思うので、ジョージかな? サビ前で「YEAH!」と言って飛び跳ねてそうなポールが目に浮かびました。ポールのボーカルが続いてるからか、息切れ気味ですよねん。

 

7 Roll Over Beethoven

初期のジョージといえばこの曲じゃないでしょうか。

いっぱい音源残っていますが結構好きです。演奏しなれてる感がいいと思います。

最後にポールのコーラス入るの、珍しいですよね。

 

と、レコードのA面まで紹介してみました。

これ、聞きながら書いてみたんですが、結構耳が疲れますね。

聞く際は、スピーカーから流した方がいいんじゃないでしょうか。

これからも素敵な音楽ライフを送ることを望むなら、間違えても私のように大音量でこのCDをイヤホンで聞くことはしない方がいいと思います。ずっと歓声が入ってるわけじゃないんですけど、こう、がっと来た時に、がっと耳に来るんですよね。

しかし、リマスターされてこの威力とは、レコードのとき、そしてガチの本番のときは一体どんな様子だったんだろう……。

たしかに悲鳴はすごいですが、個々の楽器の音はかなりはっきりしてますし、特にベースが強いかなと思ったり。スピーカーで聞くとそうでもないような。どうなんでしょう。

 

次回はB面とボーナストラックを紹介したいと思います。

(次回で終わるといいな…)

 

Touka

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

Live At The Hollywood Bowl 感想

えーと、下手な英語の記事はなかったことに笑

 

洋楽、洋画についてゆるゆる話せたらいいなみたいなブログ。始まります。

 

第1回目の話題はコレ。

映画も見に行ってきました、THE BEATLESの最新リマスターアルバム 

Live At The Hollywood Bowl です!

 

 f:id:o3pkmn:20160928090617j:image

 

Ah...it's really really blue, isn't it?

このアルバム自体が映画のプロモーションを背負ってる感がプンプンしてくるぜ!

ビートルズファン大先輩である父君にアルバムを見せたところ、

第一声が「青っ!!!」だったので、

多分ビートルマニアの皆さんは同じ感想を持ったんじゃなかろうか。

 

 

 ちなみにこれがレコードのほう。

真っ青にしなくてもこっちでもよかったんじゃないか(ry 

 

f:id:o3pkmn:20160928091425j:image 

 

 

 ジャケット表はあんな感じ。

EDAWの文字がばっちり入ってるので、これを聞いたら、映画も見に行きましょ!

 

シアトル・タコマ空港のタラップで撮影された(nmeで読んだ気がする)

使いまわされっぱなしのジャケットをひっくり返すと…。

 

f:id:o3pkmn:20160928092947j:image

 

マーティン先生のお言葉が!

こんなとこにも滲み出る先生の紳士っぷり…expressionというかあれはただの悲鳴というかなんというか…。

 

produce by GILES MARTINの文字に、ちょっとうるっときつつ、

中身をパカーッと開いてみました。

 

 

f:id:o3pkmn:20160928093451j:image

 

 

あーあー、青いよう青すぎる…

これが7月とか8月にリリースされてたらそんなに文句言わないんだけど、

 

9月なんだよね!

 

めちゃくちゃ9月!

 

夏は終わってしまったんだよね!

 

はぁ!!

 

多分、収録されてるライブが8月だから青にして…るの?

映画が青いから?

うっ、分からないけど、ビーたちに青のイメージないから、

いつまでもぶつくさ言うよ!

 

開いたとこのチケット、

ジャケットで使わなかったのをここで使ってくれたのはちょっと嬉しいかも。

ライブCD感が出るもんね。

 

 

f:id:o3pkmn:20160928094037j:image

 

 

中身はこんな感じ。

ビーたちのこの写真、何を隠そう映画の特別優待券なのだ。

100円だか200円だか知らないけど、

割り引いてくれる、

素晴らしい写真! 

 

 f:id:o3pkmn:20160928094334j:image

 

……F*ck!!!!!!!!

(↑トウカは学生です)

 

というのは置いといて、ブックレットをチラチラ見ました。

マーティン先生のノートがあったので、

まー他の人はおいといてそこだけ読んでみることに。

'It was a labor of love.'というとこに目が行きましたね。

workじゃなくて、laborって書いてるとこで察します。

元の音源、すごかったんだろうな……。

マジお疲れ様です…。

 

長くなってしまったので、曲についての感想はまた後日に!

 

f:id:o3pkmn:20160928100408j:image

 

青いからSgt.の横なら合うかなって思ったら、

色以前に大きさが違った

マジか…

これは、1の紙ジャケ買って合うか試さないといけない感じかな…??

もしいい感じのしまい方ありましたら、教えてください笑

 

Touka

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

my favorite things

I love music, especialiy the Brithsh rock.

The beatles, the who, queen, oasis and blur, they are excellent and brilliant.

 

I love films, historical drama is fantastic.

"Imitation game" is my favorite.  I think was the most wonderful acting of Mr Cumberbatch.

 

I love Pokemon, Pikachu, Eevee and Mew are my best members.

 

I love football. I support Leicester City.

 

Something like that.

 

 

 

広告を非表示にする