トウカの洋楽語り部屋

ビートルズにハマったのをきっかけに、UKロックに熱いトウカが色んなバンドやアルバムについて好き勝手語ります。

Oasisとの出会い 2

f:id:o3pkmn:20160929165515j:image

 

ええっと、前回までの私を要約すると

 

1. 90年代UKロックを調べる

2. Oasisblurを知る

3. Time Fliesを聞く

4. Oasisに魂を売り渡す

5. 父親Oasisを宣伝しようとする

6. 父親Oasisのアルバム持っていることを知る

 

でした。

 

さて、父親が持っていたアルバムは一体なんだったのか。

その結果がこちら。

 

 f:id:o3pkmn:20160930005303j:image

 

私「おい、これは…」

父「そう、まさかの」

 

私・父「レンタル落ち」

 

私「いや、ありえんわ!」

 

というやり取りの後、父は

「なんか思ってたのと違ったから、あんま聞いてない」

と言って去って行きました。

初のOasisスタジオアルバムが、某ツ○ヤのレンタルシールばっちり貼ってあるとか何の悪夢だよ…とか思いながら、ジャケット裏を見たところ。

 

「Stop crying your heart out入ってんじゃん」

 

Heathen Chemistryの4 曲目に入ってるんですよ。もうそれだけで最高にテンションが上がりました。ホント、後のことはどうでもよくなるほどです。

とりあえず、Stop crying your heart outが入ってない方から聞こうということで、

Standing on the Shoulder of Giantsを手に取りました。

 

f:id:o3pkmn:20161001095637j:image

 

Oasisの4thアルバム。

どちらかというと地味…? な感じのイメージがある気がします。

ま、初めて聞いた私はそんなイメージ知りませんですけど!

アルバムジャケットを見て

「マンハッタンや…Oasisイギリス人じゃないんか…」

と思ったり思わなかったり。

 

一通り聞いた後の感想は

「なんか後半に行くと体力を消費する気がする…」

でした。特に「Gas panic!」から後の話な。

 

ビートルズっぽいサイケ感。

気だるくなんとなく重い感じ?

アルバムを通して聞くと、なんかベッドにごろーーーーんとしたくなる。

 

あ、これは絶対に

「明日テストだから、勉強がんばるぞい」っていう時には聞いてはいけないやつや

と思ったり。

 

父がなんか印象と違ったと言った意味が何となく分かりました。

確かにwhateverとかdon't look back in angerと比べると、このアルバムの曲は曲のタイプが全然違いますよねー

 

あ、でもSunday Morning Callは今のノエルにも繋がるような、イイメロディの曲だと思いました。ノエルがvocalっていうのもいいですよね。

 

同じサイケなアルバムだったら、Dig out your soulのほうが良いのかと言われるとそれもなんか違う気がするんですよねぇ…

ノエルの曲は好きなのあるんですけど、他は…うーん…

 

とりあえず、Oasisに現在どハマりしている私ですが、初めてのスタジオアルバムはStanding on the Shoulder of Giants

Oasis、うん、えーと良いんじゃない?」

くらいの気持ちになりました。

 …あれ、さっきまでの勢いどこいった?

 

ま、そこで登場するのが文明の利器インターネット様です。

確かにアルバムはすごくガツンと来るものじゃなかった。ベストは置いといて

でも、whateverを歌ってたリアム、超カッコ良かったやん?

 

動画サイトを巡る旅の始まりです。

 

【Live】 Oasis - Maine Road 1st Night #01 by Roll 音楽/動画 - ニコニコ動画

 

ニコニコな感じのところで見つけたコレ。

あっ、私が求めていたの、こんな感じのOasisです…と思わず言いそうになりました。

もー、全盛期って感じがピンピン伝わってきますよね。

 とりあえず1stと2ndアルバムを買うまでは、ライブ映像で頑張るんだ…と思いながら、貴重な休日をOasisに捧げる日々が始まりました。

 

 

こんな感じにOasisと出会った私ですが、あの後blurも聞いてblurも好きです。Radioheadとかcoldplayも結構好きです。

 

 

 

 

 

どうでもいい話ですが。

 

 

ローリングストーン日本版2016年10月号

ローリングストーン日本版2016年10月号

 

 

 

この前バイト先でトム・ヨークさんが表紙の雑誌を見つけてしまい、その哀しげな表情を見て私も悲しい気持ちで1日を過ごしました。

ローリングストーンの日本版だったかなんかで、まだ売ってると思うので皆さんも見つけたらチラ見してみてください。

ネガティヴな気持ちになれます。

 

あの人の名前Tomっていうスペルだと思ってたら、Thomなんですね。

ソムやん

とか思いましたけど、Thomasの略だからトム…?

あ、え? これ仏語読みなの?

おしゃれなことするなぁ…

 

Touka

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする