トウカの洋楽語り部屋

ビートルズにハマったのをきっかけに、UKロックに熱いトウカが色んなバンドやアルバムについて好き勝手語ります。

Supersonic 感想

皆さん見に行きましたか?

我らがギャラガー兄弟が製作総指揮をとっている、爆笑必須の兄弟愛とかバンドの力関係とか、そういうのよくわかる感じのドキュメンタリー映画

その名を「oasis:supersonic」!!!

映画館でチケットを買うときに、「あ、オアシスのやつお願いします……」と言うか、「スーパーソニックお願いします……」っていうか迷う系の映画!

 

私は、フォロワーさんと公開日、クリスマスイブ、なんかすげえ人が多い恵比寿に見に行ってきました。

なんでファッキン他人の誕生日かもしれない日に、みんなこぞって出かけるんでしょうかねえええええええと言いたくなるほど、人がすごかったです。

あ、いや、映画館っていうかガーデンプレイスの人が……

 

このブログを見に来てくださる方は、きっともう映画3回は見に行って、ギャラガー兄弟を目に焼き付けている方がほとんどだと思うのですが、ま、一応どんな映画か内容をさらっと。

大きく描かれているのは、バンドを結成してから1996年に行われるネブワースでの歴史的なライブまでのオアシスについて。ちょこちょこと、ノエルとリアムの兄弟がどんな幼少期を過ごしたかも描かれています。

映画を一言で表すとしたら、笑って泣けるドキュメンタリー映画でしょうか

バンドのドキュメンタリーというと、9月のEDAWが記憶に新しくて、あれはコメディの要素は低めだったじゃないですか。でも、スパソニは笑える。

ま、よく考えてみたら、リアムとノエルのインタビューで出来てるんですもんね。そりゃ笑いますよね。

面白いことは面白く、真面目なとこもジョークも交えつつ、でも、締めるとこは締める……締めてたかな? 最後はいい感じにまとまってたし、締まってたよね、うん。

EDAWはビートルズ初心者にはあんまり向かない映画と言いましたが、スパソニは「オアシスって問題ばっか起こしてたバンドでしょ、一体なんぞや?」っていう人も楽しく見れる気がします。個人の主観ですが。

 

初めて見る映像がたくさんあって、どれも楽しかったのですが、ローディ時代の動いてるノエルの映像を見ることになるとは思いませんでした。なんか、鞭で叩かれてたような、ケチとか言われてたような、もうなんかお前本当にノエル・ギャラガーかよみたいになったのでぜひ劇場の大画面で見てもらいたいですね。

 

あと、リアム、ノエルをタンバリンで殴るからのノエル失踪事件のライブ映像があったのも笑いました。いや、Talk tonightがかかれた訳とかあっていい話……というか、ノエルってこういう繊細な一面もあるんだとなる場面なんですが、もーリアムちゃんがさぁ……笑 

オアシス=ドラッグっていうイメージのまんま、別に隠す気もなく話してるのも、個人的には好印象。ビートルズだとドラッグの話をメインには持ってきにくいと思うのですが、こっちはマンチェのチンピラの話ですからお構いなしって感じでした。

 

次に、お父さんの話。

写真も映画に出てきて、ノエルに似すぎてて怖いと思ったり、ノエルが一番殴られてて、リアムは逆に可愛がられてたっていうのがなんとも……。以前テレビで「父親から受けたことは自分の音楽には全く影響してない」と言い切っていたノエルが、父親からの暴力からロックに逃げたとか、ソングライターの才能はその逃げから生まれたみたいに語っているのを聞いて、こう、心がキュッとしました。別にかわいそうとか、そういうんじゃないんですけど……。父親なんて関係ない、でも自分のルーツにはその影はあって……とか考えるだけで心臓つかまれる気持ちです。

 

日本についてノエルが好印象なこと言ってくれてるのもすごくうれしかったですね。やっぱ、言葉も通じないし、英語も話してないのに、音楽でつながれるっていいことだと思います。

 

あと、ネブワースのライブについて、今までも何回かバンドのためにはやらない方がよかった、っていうコメントを見てきましたが、あの映像を見る限り「ファンにとっては」やってよかったライブだなと。

90年代、携帯が発達してないときに、10万人以上が真っすぐステージを見てバンドの音楽を聴く。控えめに言って、最高の瞬間だよね。あの瞬間にもしも自分がいられたのなら、と思うとどきどきします。

だからこそ、映画が終わってしまった後の脱力感が半端なかったです。だって、もうあのネブワースに立っていた5人はいないんですから。

後期のオアシスのメンバーも大好きなのですが、オアシスが最もオアシス足りえた時代はもう二度と戻らないと分かるとそれがどうしても寂しくなってしまいました。ラストの曲の効果もあって。

 

とにもかくにも、笑いあり涙ありのオアシスファンにはもちろん、これからファンになる予定の人にもオススメの映画です。

ぜひぜひ見に行ってくださいね。

 

ちなみに、2回は見に行く予定だった私はショックから立ち直れなくて二回目を見に行く勇気が出ません。

 

 

touka